読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ざわぶろぐ

とりあえずてきとーに。

ファイターズ ドラフト6位山口 入団拒否か? 改

北海道日本ハムファイターズ プロ野球

 昨日こんなネタを書きました。

 

zawa.hatenablog.com

 そんな中で当初、投手と書いてあったにもかかわらず、高卒野手という感じで山口投手を書いて過去のファイターズの育成について書いてしまいました。

 体調が悪いときにネタを書くのって結構危険ですね。

 

※ どのくらい悪いかってーと、車で鎌ケ谷のパブリックビューイング行こうとしたけど、2分で「あ、無理」ってなった程度。

 

 ということで改めて書かせていただきます。

 

  ファイターズの育成については高卒野手はかなりいいところまでいけると書きました。

 で、投手はどうだったかというと…同じように分離ドラフト解消後の4位以下の高卒投手を見てみましょうか。

 2008年 4位 土屋健二

 2009年 4位 運天ジョンクレイトン

 2011年 6位 上沢直之

 2014年 4位 石川直也 6位 立田将太

 ※ 赤文字…一軍登板あり 太文字…現役

 ※ 土屋健二投手はDeNAに移籍後、2015年で引退

 ※ 運天ジョンクレイトン投手は2014年で引退

 あらびっくり、実は5人しかいなかった。

 そもそも高卒投手はここ8年間で中村勝(2009年1位)大谷翔平(2012年1位)を含めると7人しか獲得してませんでした。

 ここにファイターズのドラフトの傾向である、すぐにファーム戦に出場できるだけの力がある選手を獲得するわけで、野手に関しては高卒が多いのですが、投手に関しては高卒が少ない傾向にあります。

 ただ、そのなかで7人中6人が一軍登板経験ありで4人が1勝以上(土屋投手はDeNAに移籍後)しているという結果を見せているということで、高卒投手も数少ない中、逸材を選んで指名していることがわかります。

 

 高卒野手の結果があまりにも良かったもので、投手どうだったけなーと思ってましたが、想定ほど悪くなかった。むしろ他の球団から比べたらいいんじゃない?とも思うようになりました。

 

 ということで、改めてなんですが、山口くん。ファイターズに来ない?

 まずは鎌ケ谷での体力づくりということになると思いますが、おいで頂けましたら鎌ケ谷組が全力で応援させていただきます。

 

 改めてですが前向きに考えていただけると幸いです。

 よろしくお願いします。

 

【追記】

 運天投手、2011年に1試合だけ一軍で投げてました。

 この点とそれに絡んだ部分の訂正だけ行いました。

 失礼致しました。

 

【追記 2】

 2014年ドラフト4位の石川直也投手も高卒で、しかも今年1試合一軍で投げてました。

 追記の上、再度訂正を行いました。

 重ね重ね失礼致しました。