読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ざわぶろぐ

とりあえずてきとーに。

大相撲春場所 稀勢の里が逆転で連覇

 手負いの新横綱稀勢の里(30=田子ノ浦)が優勝決定戦で、大関照ノ富士(25=伊勢ケ浜)を小手投げで下し2場所連続優勝を果たした。

 稀勢の里照ノ富士を1差で追う展開だったが、本割で照ノ富士を突き落として13勝2敗で並んで優勝決定戦へ持ち込んだ。

 稀勢の里は13日目、日馬富士戦で左肩付近を痛めながら強行出場。横綱昇進後最初の場所で意地を見せ、昇進後初優勝を決めた。新横綱の優勝は貴乃花以来22年ぶりとなる。(日刊スポーツ)

 

続きを読む

WBC2017 アメリカが初優勝

 野球の母国である米国が4度目の大会でついに悲願の初優勝を果たした。(日刊スポーツ)

 

 ということで、過去3大会で決勝に残っていなかったアメリカがついにWBCを制覇しました。

 

続きを読む

WBC2017 日本 準決勝でアメリカに敗れる

 第4回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)決勝トーナメント準決勝が21日(日本時間22日)、米ロサンゼルスのドジャースタジアムで行われ、侍ジャパンは米国に1―2で惜敗。4、8回に守備のミスから失点し、打線はわずか4安打に終わった。1次ラウンドから6連勝で勝ち上がってきた日本だったが、2013年の前回大会に続いて2大会連続で準決勝で敗退し、悲願の世界一奪回はならなかった。(スポニチ)

 

 というわけで、悲願の2大会ぶりの優勝はなりませんでした。

 

続きを読む

第41回日本ハンドボールリーグ 大崎電気がプレーオフ2連覇

 大崎電気(レギュラーシーズン2位)が大同特殊鋼(同1位)を29-26で破り、2年連続4度目の優勝を果たした。

 プレーオフ最高殊勲選手賞には大崎電気のGK木村が選ばれた。

 大崎電気は前半に19-10とリードを奪って逃げ切った。女子は25日に準決勝、26日に決勝が行われる。 (日刊スポーツ)

 

 ということで、従弟の所属する大崎電気の応援に駒沢体育館まで行ってきました。

続きを読む

WBC2017 3連勝+3連勝で準決勝進出へ

f:id:zawayoshi:20170308132825j:plain 侍ジャパンが、イスラエルを下し3戦全勝、2次ラウンドE組1位で4大会連続の準決勝進出を決めた。6回に筒香の先制ソロなど打者一巡の猛攻でこの回5点。8回にも内川の2点適時打などで加点した。米ロサンゼルスでの準決勝は20日(日本時間21日)から開催され、E組1位の日本は22日にF組2位と対戦、決勝は23日予定となるため連戦となる。(日刊スポーツ)

 

 ということで、結果だけ見れば1次ラウンドから6連勝と無傷で楽に準決勝進出を決めた形となりました。

 

続きを読む