読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ざわぶろぐ

とりあえずてきとーに。

宮西尚生投手 史上2人目の200ホールド達成

 北海道日本ハムファイターズ宮西尚生投手が5月14日(土)、埼玉西武ライオンズ10回戦(札幌ドーム)にてプロ野球史上2人目(パシフィック・リーグ史上初)となる通算200ホールドを記録いたしました。

 入団9年、478試合目での達成です。(ファイターズ公式)

  2007年の大学生・社会人ドラフト3巡目で入団し、その最初のシーズンからすでに8年連続して50試合以上登板し、ついに200セーブ…おめでとうございます。

 シーズンを棒に振るような大きな怪我をせず、入団以来毎年50試合以上登板しているということは本当に驚嘆に値します。いまひとつ派手な記録ではないですが、非常に大きな価値を持つ記録だと思います。

 おめでとうございます…というより、ファイターズファンとしてはありがとうとしか言いようがないです。

 

 ちなみに史上1位の投手はというと…読売の山口鉄也投手の260ホールド。2シーズン先輩に当たる山口投手もかなりの偉業ではありますが、この記録を追い抜けるよう、怪我なく活躍をしていただきたいと思います。

※ 記録は2016年5月14日現在

 

 ますますの活躍を期待しています。

 

 ところで、ホールドの記録が公式記録になったのが2005年…それ以前の中継ぎ投手の記録をホールドで換算したらどうなるでしょうか…特に中日の岩瀬仁紀投手や元広島の清川栄治投手、元西武の永射保投手、元読売・西武の鹿取義隆投手…このあたりがどうなったか気になります。

 プロの野球記録をやる方、調査しませんかねぇ…(チラッチラッ)

 

 ではでは。