ざわぶろぐ

とりあえずてきとーに。

藤井聡太四段 28連勝で記録に並ぶ

 将棋の最年少棋士藤井聡太四段(14)は21日、大阪市関西将棋会館で行われた王将戦予選で澤田真吾六段(25)に99手で勝利した。自身の持つデビュー以来の連勝記録を「28」に伸ばし、神谷広志八段(56)が1986―87年度に作った歴代最多連勝記録に並んだ。新記録樹立がかかった次戦は26日の竜王戦本戦一回戦。増田康宏四段(19)と対局する。(読売新聞)

 

 ということで、ついに神谷八段の記録に並びました。

 

続きを読む

加藤一二三九段 引退

 将棋の最年長棋士加藤一二三九段(77)は20日、東京・千駄ヶ谷将棋会館で行われた竜王戦6組昇級者決定戦で、高野智史四段(23)に98手で敗れ、同日付での引退が決まった。(読売新聞)

 

 ということで、加藤一二三九段、63年間のプロ棋士生活に幕をおろすこととなりました。

 

続きを読む

斎藤佑樹 623日ぶりの勝利

 623日ぶりの勝利に、佑ちゃんスマイルも復活だ。「日本生命セ・パ交流戦」で、日本ハム斎藤佑樹投手(28)が6回途中1失点の好投で、15年9月16日ロッテ戦(QVCマリン)以来2年ぶりとなる白星を挙げた。(日刊スポーツ)

 

 斎藤佑樹投手、また復活勝利となりました。

続きを読む

高安 大関昇進決定

 日本相撲協会は31日午前、東京・両国国技館で、関脇高安(27=田子ノ浦)の大関昇進をはかる臨時理事会を開き、満場一致で大関に推挙することを決めた。

 15年夏場所後の照ノ富士(25=伊勢ケ浜)以来2年ぶり、平成では24人目の大関誕生となった。(日刊スポーツ)

 

 ということで、予想通り…というか当然ですかね。高安の大関昇進が決定いたしました。

続きを読む

大相撲夏場所 白鵬 1年ぶりの優勝を全勝で飾る

 14日目に38度目の優勝を決めていた横綱白鵬(32=宮城野)は、横綱日馬富士(33=伊勢ケ浜)を寄り切り、13度目の全勝で花を添えた。日馬富士は11勝4敗。(日刊スポーツ)

 

続きを読む