読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ざわぶろぐ

とりあえずてきとーに。

カープ 黒田の「15」を永久欠番に

 広島は1日、今季限りで引退した黒田博樹投手(41)の背番号「15」を永久欠番にすると発表した。広島では山本浩二氏の「8」、衣笠祥雄氏の「3」に続いて3例目となる。

 黒田は1997年に専大からドラフト2位で広島に入団した。2008年に米大リーグのドジャースに移籍し、12年からヤンキースで活躍。15年に広島に復帰し、プロ20年目の今季は25年ぶりのリーグ優勝に貢献した。日本通算124勝105敗1セーブ、米大リーグ通算79勝79敗。(日刊スポーツ)

 

 まぁ、妥当な話ですね。

 メジャーに移籍の前までは暗黒時代のエースとしてチームを支え、日本に帰ってきて200勝達成、そして優勝を果たしているので、功績は非常に大きいと思います。

 

 ただ、カープの歴史上、優勝に貢献、200勝ということであれば北別府学投手「20」。優勝に貢献した後に夭折された津田恒美投手「14」。こちらも永久欠番に値する価値があるとは思うのですがいかがでしょう?

 引退後40年経ってから永久欠番に指定された稲尾和久投手「24」(埼玉西武ライオンズ)のケースもありますので、是非考えていただければと思います。