読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ざわぶろぐ

とりあえずてきとーに。

2016年ドラフト会議 ファイターズは9選手を指名

プロ野球 北海道日本ハムファイターズ

www.fighters.co.jp

プロ野球ドラフト会議 supported by リポビタンD」が本日10月20日(木)、東京都内で開催され、北海道日本ハムファイターズは以下9選手の交渉権を獲得しましたので、お知らせいたします。(ファイターズ公式)

 

 交渉権を獲得した選手は以下の通りです。

 1位 堀 瑞輝 投手 広島新庄高校

 2位 石井 一成 内野手 早稲田大学

 3位 高良 一輝 投手 九州産業大学

 4位 森山 恵佑 外野手 専修大学

 5位 高山 優希 投手 大阪桐蔭高校

 6位 山口 裕次郎 投手 履正社高校

 7位 郡 拓也 捕手 帝京高校

 8位 玉井 大翔 投手 新日鉄住金かずさマジック

 9位 今井 順之助 内野手 中京高校 

 

 1巡目指名で5球団競合で籤が外れた田中正義投手(創価大学)、そして外れ1位指名でも外した佐々木千隼投手(桜美林大学)が取れなかったので満点とは言えませんでしたが、それでも9人指名。現段階でファームの出場に耐えられる選手というドラフト戦略を取っている中で、ファイターズスカウトの目に叶い、現有戦力を含めて考えても取りたい選手が9名残っていたということで、いいドラフトだったのではないかと思います。

 各選手の紹介については公式で確認ください。ぶっちゃけたところ、アマチュアに関してはほとんどマークしておらず、各選手に言及できるほどの知識がないので、その点はご容赦ください。

  しかし、現状支配下選手65人で3人退団が決定している(武田勝須永英輝、大塚豊)状態なので、少なくともあと1人の戦力外通告が出てくることは必至…ではあります。

 どうなることか…このあたりもちょっと気になります。

 

 で、個人的に注目していた選手についてちょっと言及

ソフトバンク 1位 田中 正義 投手 創価大学

 さすがに今年No.1の呼び声が高かっただけに5球団競合というところは流石です。

 実力もそうですが、田中枠確保のためにも欲しかった投手だっただけに残念です。

・ロッテ 1位 佐々木 千隼 投手 桜美林大学

 こちらもかなりの人気だったために1巡目指名でどこも指名しなかったのが不思議ですが、外れ1位指名で5球団競合という離れ業はびっくりでした。

 こちらも楽しみな投手ですね。

広島東洋 1位 加藤 拓也 投手 慶應義塾大学

 慶應のエースが広島の1位に。今年の東京六大学の秋シーズンで東大相手にノーヒットノーランを達成したのは記憶に新しいところです。

 慶應義塾大学出身のプロ野球選手は多いのですが、慶應義塾高等学校出身というと一気に数が減ります。渡辺泰輔(元南海)、佐藤友亮(元西武)、白村明弘(日本ハム)、山本泰寛(読売)に続いての5人目ということになります。

 こちらも活躍を期待します。

・西武 1位 今井 達也 投手 作新学院高校

 甲子園優勝投手が西武の1位指名。松坂大輔を思い出します。

 1年目からの活躍は難しいかもしれませんが、鎌ケ谷で待ってます。

楽天 1位 藤平 尚真 投手 横浜高校

 夏の神奈川県大会決勝で慶應を抑えていたのを見ていたので気にはなってました。

 ただ途中で慶應につかまっていたので…体力面がちょっとどうかなとも思っていたりしてます。

 体力をつけ、上で活躍をしてくれることを期待します。

 

 ということで簡単に書いてみました。

 全員が一軍で活躍することはほぼ不可能ですが、それでも少しでもいいプロ野球人生を歩んでくれることを祈ります。