読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ざわぶろぐ

とりあえずてきとーに。

イギリス EU離脱へ

雑事

 欧州連合(EU)に残留すべきか離脱すべきかを問う英国民投票の結果は24日確定し、離脱支持が過半数に達した。

 残留を訴えてきたキャメロン英首相はロンドンでの演説で、10月までに辞任する意向を表明した。新首相がEUとの離脱交渉の開始を判断することになる。英国が脱退すれば、1993年に発足したEUからは初めてとなり、深化を続けてきた統合の歴史は大きな転換点を迎える。英国、EUともに影響力の低下は必至で、国際情勢、世界経済ともに不安定化する恐れが出ている。(読売新聞)

 

 拡大を続けてきたEUからついに初の離脱。イギリス、EUともに国際的な影響力の低下が懸念されますが、英国市民はその国際的な影響力の低下のデメリットを受けても、EUという護送船団から離脱することをえらんだということで。

 

 で、同記事によると…

 

  英選管によると、開票は23日夜(日本時間24日朝)から382地区で行われ、離脱が1741万742票(51・9%)、残留が1614万1241票(48・1%)だった。投票率は72・2%。EU諸国への輸出が多いスコットランドでは、離脱に伴う輸出手続きの煩雑化などを嫌って残留支持が多かったが、経済が疲弊する地方都市の多いイングランドウェールズでは離脱支持が上回った。

 

 ということで、

 

 スコットランドでは、2014年に続いて2度目となる住民投票の可能性が浮上した。 

 スコットランド自治政府のニコラ・スタージョン首席大臣は24日の記者会見で、英国のEU離脱は「受け入れられない」と語り、「英国からの独立を問う住民投票が大いにあり得る」と述べた。自治政府として、必要な法案の準備に着手する考えも明らかにした。

 スコットランドでは全32地区で残留支持が上回り、「残留」の得票率は62%に達した。スコットランドは特産品のウイスキーなどをEU諸国向けに輸出しており経済的結びつきが強い。(読売新聞)

 

 イギリス全体ではEU離脱が多かったものの、スコットランドではEU残留支持が62%…そりゃ不満も出ますわな。

 また

 

 残留支持が多かった北アイルランドでも、住民投票を求める声が上がっている。 

 

 …北アイルランドでも住民投票が行われるかもしれないと言うことで、グレートブリテン及び北アイルランド連合王国が解体し、アイルランドが再統一と言うこともありうるかもしれないと言う事態になるわけですな。

 

 どうなっていくのでしょうかね…