読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ざわぶろぐ

とりあえずてきとーに。

16年春場所 白鵬が36度目の優勝

大相撲

 横綱白鵬(31=宮城野)が横綱日馬富士(31=伊勢ケ浜)を突き落としで下し、14勝1敗で史上最多記録を更新する36度目の優勝を飾った。4場所ぶりの栄冠。立ち合いで右手を出した直後左に動き、日馬富士は前のめりで土俵を飛び出した。日馬富士は9勝6敗だった。(日刊スポーツ)

 本当だったら琴奨菊の綱取がメインだったはずなんですがね…。5日目に隠岐の海に敗れ、9日目から11日目に稀勢の里豪栄道、照ノ富士の3大関に3連敗綱取から脱落…。稀勢の里の連勝で盛り上がったものの11日目、12日目に白鵬日馬富士の2横綱に敗れて2敗となり白鵬に優勝争いで逆転され、そのまま場所を追える形に…

 終わってみれば白鵬の36回目の優勝…なんか場所前の期待が大きかっただけに、あっけなさ過ぎる感じがしました。

 

 その白鵬もいろいろトラブル続きで…

 4日目、中日のダメ押しと千秋楽の変化…まぁ、あの変化は大横綱としてはよろしくないですな。あれでまっさかさまに土俵下に落ちる日馬富士もどうかという気がしないでもないのですがね。もうその場の1敗で白鵬という力士の価値は下がるわけではないので受けてもよかったとは思うのですがね。

 目先の1勝、目先の優勝1回…優勝1回という重みは他の力士からすると計り知れないものですが、白鵬にしてみればたいした話ではないわけで。歴代最多優勝を果たし、歴代最多勝も射程距離に収めている段階ですので、この後は大横綱として目先の勝利にこだわらない横綱相撲を見せてほしいと思います。

 ただ、日馬富士横綱同士の対戦なんだから、あれで崩れないでくれ…とは結構本気で思ってたりしてます。私だけですかね?

 

 あと、気になってるのはこちら。

 まぁ、基本的に綱取の条件となると「2場所連続優勝かそれに準ずる成績」ってことなので今場所13勝2敗で優勝次点だったのでありっちゃありなんですがね。

 ここしばらくの横綱昇進状況ですが

 双羽黒…優勝次点、優勝同点で昇進

 北勝海…優勝、優勝次点で昇進

 大乃国…2場所連続優勝次点も3場所前全勝優勝で3場所合計40勝で昇進

 旭富士、曙、貴乃花若乃花武蔵丸朝青龍白鵬日馬富士

  …2場所連続優勝で昇進

 鶴竜…優勝同点、優勝で昇進

 

 双羽黒の廃業事件で生涯優勝なしの横綱を作ってしまった弊害として厳しくなっていた「大関での2場所連続の優勝」という昇進条件が鶴竜の「優勝同点→優勝」という形で崩れましたが、優勝経験なしで優勝次点で綱取り示唆というのはあまりにも甘いのではないかと思うわけで。

 まぁ、「白鵬破って優勝」という条件は妥当とは思うのですが…

 なんだかんだで日本で行われている興行ですので、日本出身力士が横綱になってほしいというのは紛れも無くあるわけで。これまで期待を裏切っている状態なので、そろそろ優勝、綱取りをしてほしいものです。

 

 ただ、今場所は稀勢の里が13勝、豪栄道が12勝と大関人が優勝に絡んだのは大きかったです。来場所も頼みたいところです。

 琴奨菊は…先場所が1場所だけの確率変動でなかったことを祈ります。

 

 夏場所は5月8日が初日。熱戦を期待します。